So-net無料ブログ作成

歩夢 態度 家族 [スポーツ]

ソチ五輪スノーボード・ハーフパイプ男子日本代表
平野歩夢選手(15)やってくれましたね。


平野歩夢選手は前評から、メダルの有力候補の
1人でしたが、期待を裏切らずに銀メダルを取りました。


プレッシャーのかかる中、平然とした態度で競技を続け、
素晴らし結果を残した平野選手です。


15歳の少年とは見えない態度は、人気者になりそうな予感。


平野歩夢選手は、予選1組での2番目の競技者として登場しました。


ゴーグルをかけて、緊張の様子は、態度から分かりませんでしたが
緊張しても不思議でない場面ですが、平然と競技を行い、
92.25という高得点で見事、予選1組を1位で突破しました。


続く決勝でも1回目に90.75と首位に立つも、同じ
日本人ライバルの平岡卓選手(18)が2回目の競技で
92.25と平野選手を上回る記録を出しました。


そんなプレッシャのかかる中、2回目の平野歩夢選手はプレッシャを
感じさせない高さと大技を連発したのです。


そして、見事に93.50という高得点を出しました。


そして最終的に平野歩夢選手が銀メダル、平岡卓選手が銅メダルで
日本が待ち遠しかったメダル奪取に貢献したのです。


競技終了後の平野選手の姿を見て感じたのが、
喜びの態度をそれ程、表現しませんでした。


93.50という高得点にも軽く右腕を2、3回上げたぐらいです。


わずか12歳から世界で活躍し、14歳でXgamesで銀メダル獲得。


去年8月、ニュージーランドでのスノーボードW杯で史上最年少優勝。


新潟出身で、兄の影響を受け、4歳からスノーボードを始め、
小学校4年からプロ契約している彼には、オリンピックの銀メダルも
まだ、自分の目指す頂点への通過点に過ぎないのかもしれません。



あの絶対王者ショーン・ホワイト選手も認めたスノボーの歴史を
塗り替えていく選手に、これからも目が離せませんね。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
l

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。