So-net無料ブログ作成

黒木華 銀熊 コンペティション 着物 [芸能]

第64回ベルリン国際映画祭の授賞式で15日(日本時間16日)
コンペティション部門に出品されていた山田洋次監督作
「小さいおうち」をオーディションでタキ役をつかんだ女優の
黒木華が日本人女優として4人目で最年少最優秀女優賞の
銀熊賞を受賞しました。


授賞式で黒木さんは、「グーテン・アーベント。こんばんは、
まさかこの場に立てるとは思っていなかったのでドイツ語を
もう少し勉強していればよかったと後悔しております」と挨拶した。


そして、「この場に立てるのは、本当にこんなに素晴らしい映画を
作ってくださった山田監督のおかげです。とても感謝しています」と
山田監督への感謝の気持ちを述べた。



「皆さんにこの映画を気に入ってもらえたと思うとうれしいです。
映画に関わった皆さんに伝えようと思います。本当にありがとう
ございました。フィーレン・ダンク」と喜びを表現しました。



記者会見では、撮影現場について「すごく刺激的な現場でした。
監督は、ずっとチャレンジし続けて、若々しくて、素敵な方です。
そんな監督を見ていると私ももっとついていかなきゃ、という
気持ちで毎日楽しかったです」と振り返った。



「私もタキちゃんのように静かにそこにいる人だと思うので、
そこは似ているかなと思います。でも、あんなに女性的に
いられるかなと思うと、ちょっといられないかなとも思いますね。
素晴らしい日本の女性ですよね」と映画で演じたタキを語った。


また、艶やかな着物姿で現地のカメラマンたちを魅了し、

「着物だとうまく動けないのですが、(受賞の瞬間)
 飛び上がりそうになりました」と

黒木さんらしい天然キャラのかわいらしいコメントもありました。



今回の受賞について審査員は、「『小さいおうち』には、いろいろな
タイプの女性が出ていましたが、タキは、その全ての女性を
つなぐキーパーソンとして大事な役どころでした。今回、女性陣が
活躍している作品がコンペティション部門の中に多数ありましたが
黒木さんの演技力が群を抜いていました」と評価した。



そして、「山田洋次監督に、賞をあげたいと思っていましたが、
他の作品への賞もあり、賞が足りなくなってしまいました。
その中で、女性を素敵に描いている作品として、黒木さんに
女優賞を差し上げましたが、それは山田洋次監督を含め、
作品を代表してあげたものです」と
山田監督と作品全体についても称えました。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
l

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。