So-net無料ブログ作成

南雲先生 全力教室 糖分 [話題]



昨日の全力教室で南雲先生を見ましたか?


私は、アンチエイジングで数年前から知っていました。


私も基本的に朝は、ほとんど食べないようしているので
先生の理論の推奨者かもしれません。


では、南雲流健康法、驚きの健康を紹介します。


アンチエイジング界の風雲児・南雲吉則 

58歳南雲流トンデモ健康法の話です。


<三大勘違い健康法>


(1)スポーツをすると痩せて健康になる


全ての動物の心拍数は一生で20億回と決まっており、
ネズミは心拍数が早いため短命、
ゾウは心拍数が遅いため長生きできる。


心臓は細胞分裂(修復)しない臓器なので、心拍数を
上げ過ぎて負担をかけると危険です。

※人間の心拍数は約50回/分→20億回(約80年)


運動学博士のフィリップ・マフェトン氏は、
普段運動していない人は「170-自分の年齢」に
心拍数をおさめるべきだと提唱しているそうです。

ダイエットや健康管理のためには、スポーツではなく
息も心拍数も上がらないウォーキングなど
無理のない運動を心がけるのが必要です。

(マフェトンの公式)

・普段運動をしている人⇒ 180-(自分の年齢)

・普段運動をしていない人⇒ 170-(自分の年齢)


青魚の赤身は持続的な運動(有酸素運動)
によって脂肪が燃焼された部位となる。


白魚の白身は瞬発的な運動(無酸素運動)
によって糖質が燃焼された部位。


人間も、痩せようと思えば有酸素運動で
赤い筋肉を燃やす方が効率的です。


果物や野菜の皮は栄養素の宝庫である。


果物を皮ごと食べれば適度な糖分を
バランスよく摂取できて健康になれる。


番組では、ミカンを皮ごと食べることを
実践していました。


皮ごと、1/4ぐらいにして食べたら、
バランスの良い栄養の取り方となります。


人間の体は糖質を食べてもほとんど脂肪に
なってしまうので、糖分はなるべく自然本来の
甘みから摂取するが良い。

※もちろん、皮ごと食べる時はしっかり汚れを落とす。


(最終糖化産物)

・糖分(糖質)+コラーゲン(タンパク質)=最終糖化産物

・いったん出来ると分解されず老化を引き起こす原因となる。


(2)食べてすぐ寝ると体に悪い


ご飯を食べた後にすぐ寝るのが正しい。

食べた後は消化・吸収がUPしてホルモン分泌が始まるため、
眠るのが正常な状態なのです。


寝るまでに数時間空けると消化不良を起こしたりもします。


ただし、食べ過ぎた状態ですぐ寝ると
肥満のリスクが高まる場合もあるので注意が必要。


(食べてから数時間後に寝る人)

・心拍数&血圧が上がり、血管も収縮するので良くない。


※体が活発な時に働く神経「交感神経」が優位になって
 いるからです。

(食べた後にすぐ寝る人)

・消化・吸収力が上がり、ホルモン分泌が正常となる。


※体が落ちついている時に働く神経「副交感神経」が
 優位になっているからです。


(睡眠のゴールデンタイム)

・午後10時~午前2時と言われており、身体に必要な
 ホルモンも分泌が盛んになるそうです。


(3)一日三食キチンと食べる

空腹状態が若返り細胞を作り出すので
1日3食キチンと食べるのは間違いであるが

ただし、子供・病人・お年寄り・妊婦などは
3食食べないといけない。

(サーチュイン遺伝子(若返り遺伝子)の発動条件)

・命が危険なとき→飢餓状態

・食事量4割減→寿命1.5倍アップ

※レオナルド・ガレンテ(マサチューセッツ工科大学教授)

若返るための食事法は、一汁一菜が基本。

野菜は芯まで使うのが重要であり、根っこの部分に
最も栄養が詰まっているが、野菜は沸騰したお湯に
入れると消化酵素(ジアスターゼ)が壊されるため
注意が必要となる。


(ほうれん草のゆで方)


1.根の方から鍋に入れ冷たい水の状態から温める
  
 →でんぷんが分解され美味しい糖質になる
   糖質が多くなるので辛子和えなどに向く。


2.葉の方は沸騰したお湯で10秒程度
  ゆがき冷水にひたす
  
  →白だしなどで和えると合い美味しいおひたしに


(生活習慣と寿命短縮日数の関係について)

・がんや飲酒、独身や貧困などは寿命短縮に直結する。

・バランスの良い完全栄養の食事を取れば、
 健康になれる。


・本当に自分はお腹が減って食べたいか、

・タバコやアルコールをとって良いのか、
 自分の将来を真剣に考えるべき。


(生活習慣と寿命短縮日数)

・貧困 ⇒ 9年7ヶ月

・独身(男性) ⇒ 8年3ヶ月

・喫煙(1箱/1日) ⇒ 6年4ヶ月

・35%体重増加 ⇒ 6年

・独身(女性) ⇒ 4年4ヶ月

・がん ⇒ 3年3ヶ月

・15%体重増加 ⇒ 2年2ヶ月

・飲酒 ⇒ 1年

(死の四重奏とは)

・高脂血症 ⇒ 脂の摂り過ぎ

・高血糖 ⇒ 糖の摂り過ぎ

・高血圧 ⇒ 塩分の摂り過ぎ

・内臓脂肪型肥満 ⇒ 食べ過ぎ


以上、手短にまとめました。


ぜひ、ひとつでも実践して、健康になりましょう!!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
l

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。