So-net無料ブログ作成

くら寿司 メニュー ランキング [話題]

高級素材のイベリコ豚を豪快にのせた丼が400円、
同じくイベリコ豚入りでダシに深みを加える
とんこつラーメンは数量限定で360円也。


イベリコ丼.png


はて、これは、焼肉チェーンのメニューではないのです。


3月7日から回転ずし店「くら寿司」で出される
イチオシのサイドメニューです。

 
くら寿司はコンビニで人気の煎れたてコーヒーを150円で
始めるなど、1皿100円の寿司ネタより少しでも高価格帯
のサイドメニューを充実させ、業績を伸ばしているのだ。


同店をチェーン展開するくらコーポレーションの
2013年11月~2014年1月期の連結決算は、
客単価がアップしたおかげで純利益は
前年同期比で21%も増えたそうだ。


「もはや本業の寿司も100円均一
だけでは商売にならなくなっている」と

話すのは、外食ジャーナリストの中村芳平氏である。


「業界トップで全皿一律105円が売りだった
『スシロー』でも昨年4月から高級ネタを1皿189円で
販売する<スシローの吟味ネタ>を始めましたし、
『元気寿司』系の『魚べい』も178円メニューを
作っています。


シニア層をはじめ、景気回復基調によって少し値段は
高くてもおいしい寿司が食べたいというグルメ志向が
高まっているのです」(中村氏)

 
それだけではない。


寿司チェーンにとっては「高級」と
謳わざるを得ない懐事情もあるのである。


「100円で売る寿司ネタのほとんどは海外からの
輸入で、昨今の円安によって原材料高に苦しめ
られている。そのうえ、昨年暮れに襲ったタイの
バナメイエビ騒動によって、一時は看板からエビの
文字を外そうかと思うほど値段が高騰して
大変だった。エビに限らず高い仕入れの魚は
それなりの値段をつけないとやっていけない」
(大手回転ずしチェーン幹部)

 
いまだに全皿105円均一ときにキャンペーンで
「中トロ」なども同じ値段で提供する業界2位の
『かっぱ寿司』は、やはり我慢の経営を
強いられている。


2期連続の赤字は必至で、
「すべてのメニューの品質を見直す」
(カッパ・クリエイトホールデイングス関係者)
方針だという。

 
もっとも、かっぱ寿司は今年中に前出の元気寿司
との経営統合を果たし、スシローを抜いて一気に
業界トップの規模に躍り出ることになりそうだが、
先々の雲行きはどうも怪しい。


「かつてスシローやかっぱ寿司を買収しようと目論んで
株式取得していたゼンショーホールディングスが、
回転ずし店の経営に本気になっています。


ゼンショーといえば牛丼チェーンの『すき家』が
有名ですが、最近も公募増資で手に入れる予定の
資金を傘下の『はま寿司』の出店拡大にあてると
発表したばかり。業界の「台風の目」になっています」
(前出・中村氏)

 
確かに、はま寿司はゼンショーという強大な資本力を
バックに、全メニュー1皿105円、平日は1皿90円と
いう安さを保ったまま業績を伸ばしている。


今後も他の大手チェーンを尻目に価格競争力を
維持できれば、業界の勢力図はさらに
入れ替わる可能性がある。

 
低価格路線を維持するか、高級ネタで勝負するのか、
はたまたラーメンやデザートなどサイドメニューで
客を引き付けるのか。


「あまりにも無節操なサイドメニューを増やせば
店のオペレーションが崩れて従業員(職人)の質が
落ちるでしょう。かといって国内で獲れた魚を
たくさん仕入れて高価格にしすぎれば、
『すしざんまい』のような回転レーンのない
寿司チェーンともガチンコ勝負になって
圧倒的に分が悪いといえます」(中村氏)

 
市場調査会社の富士経済によれば、回転ずしの
市場規模は年々増え続けて5036億円
(2013年見込み)ある。


外食業界の中では今のところ好調をキープして
いるが、今年は消費増税も控えている。


大手チェーンは、しばらく難しい経営判断を
迫られることになるだろう。


生き残りをかけた戦いかもしれませんね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
l

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。