So-net無料ブログ作成

本田圭佑 メディア 無口 [スポーツ]

 

今年6月にブラジルで開幕するサッカーW杯です。


日本代表は本大会で勝てるのかどうか? 


『サッカーの見方は1日で変えられる』の著者
であるスポーツジャーナリストの木崎伸也氏が、
日本代表のキーマンの動向を追いながら、
本大会への希望と不安を描いていく。

本田が突然話さなくなった


本田圭佑は「読めない男」である。

 
日本代表における背番号を「18」から「4」に
変更したり、真っ赤なフェラーリで空港に
現れたりします。


生徒に知らせないで海外の日本人学校を
「サプライズ訪問」するのも、本田の流儀です。

 
取材する記者にとっても、予測不可能な存在だ。

 
試合後に一言も残さないこともあれば、10分以上、
取材に応じることもある。


たとえば先日のニュージーランド戦では、イタリア
から帰国した際は「試合なんで」という一言しか
話さなかったが、試合後には計30分間も
ミックスゾーンに立ち続けた。

 
基本的に口を閉ざしているものの、ひとたび開けば
刺激に満ちた言葉が飛び出てくる。


いつしか「本田の言葉」は日本代表で最も注目される
コンテンツになり、ミックスゾーンでのコメントの全文が
ネットメディアに掲載されるようになっている。


一言ももらさず掲載されるのは、本田だけだそうです。

 
圭佑本田.jpg


著者は、スポーツ総合誌「Number」から本田の言葉を
引き出してほしいという依頼を受けて、この4年間、
ロシアを中心に世界中を飛び回ってきたそうです。

 
毎日が失敗の連続で、3週間モスクワに滞在して、
引き出せたのがわずか一言ということもあった。


その一言とは、

「俺のコメントなしの原稿、楽しみにしてるよ」と

いうものでした。


不思議なもので、その原稿は
読者から大きな反響があった。


一言でさえ、これだけインパクトがあるのだから、
取材できたときの熱量はすさまじいのだ。


こういう興奮と達成感を味わうと、

「もう一度、山に登りたい」と

いう気分にさせられるのである。

 
本田が突然、話さなくなったのは、
2010年W杯のことだった。


埼玉スタジアムのサブグラウンドで
行われた初練習において、記者から
声をかけられても本田は立ち止まらず、
そのままバスに乗り込んだのだ。


このスタイルを、W杯の大会中ずっと貫いた。

 
もともと本田は、日本代表で最もミックスゾーンで
長く話す選手のひとりで、オランダのフェンロの
試合後は椅子に座りながら質問に答えていた。


それゆえに2010年W杯の直前に口を閉ざした
のは、メディアにとっては大きな驚きだった。

 
なぜ本田は、メディアにあまり話さなくなったのだろう? 

 
その理由は、大きく4つある。


1.イメージトレーニングの邪魔をされたくない

2.メディアの手のひら返しへの憤り

3.日本向けに喋りたくない

4.言葉は全て自分に向けているから


これは、あくまでも、著者の感じている事ですが、


(各詳細は、つづく。。)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
l

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。