So-net無料ブログ作成

北陸新幹線 車両 名前 [話題]


2015年春に長野-金沢間が開業する北陸新幹線の
新型車両の走行試験が、長野県内の区間で始まりました。

 
先頭部分が流線形をした新型車両「E7系」は、
14日午後10時半ごろ、JR軽井沢駅のホームに到着した。



北陸新幹線E7系.jpg



 
新型車両を偶然見かけた人は、

「びっくりしました。人が結構、写真を
撮っていたので。綺麗でしたね」 と話している。

 
15日午前0時すぎに長野駅に向けて出発し、
50ヘルツから60ヘルツに切り替わる
周波数への対応や、急勾配での走行を確認しました。


E7系が営業区間を走るのは初めてで、
軽井沢-長野間を2往復半しました。


12両編成のE7系は、来年3月には東京-長野間で
先行して導入される予定です。


JR東日本と西日本は来年2月、E7系の一般向けの
試乗会を企画していて、参加者を募っています。


東京と金沢をつなぐ北陸新幹線の

列車名が決まりました、「かがやき」です。

 
2015年の春に開業予定の北陸新幹線について、
東京-金沢間を最速の2時間半で結ぶ列車が
「かがやき」です。


同じ区間を走り、停車駅が多いタイプが
「はくたか」に決まりました。

また、富山-金沢間を往復する
シャトルタイプは「つるぎ」、すでに
長野新幹線として運行している
東京-長野間は「あさま」を
そのまま使います。


列車名は公募で寄せられた14万件以上の案から、
JR東日本と西日本で決めたということです。


来年の春が、楽しみですね。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
l

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。