So-net無料ブログ作成

理研 小保方 論文 検証 [サイエンス]


新たな万能細胞「STAP(スタップ=刺激惹起性多能性獲得)細胞」の
作製成功を発表した英科学誌ネイチャーの論文に画像の切り張りなど
重大な過誤があった問題で、小保方(おぼかた)晴子・研究ユニット
リーダーらが所属する理化学研究所発生・再生科学総合研究センター
(神戸市)は、論文掲載に至った経緯を検証する独自の調査委員会を
設ける方針を固めた。


竹市雅俊・同センター長が17日、毎日新聞の取材に答えた。


ネイチャー論文については、理研本部が調査委員会
(委員長=石井俊輔・理研上席研究員)を設置し、14日に
中間報告を発表した。


画像の切り張りや他の論文からの無断流用の事実を認定し、
さらに、不正の可能性を継続して調べている。



STAP細胞ねつ造.png



また、論文共著者の丹羽仁史プロジェクトリーダーが、
STAP細胞が再現可能か検証する実験を始めた。

 
新たに設置する調査委はこれらの検証の対象から
外れる問題を調査する。


竹市センター長によると、内容に間違いが多い論文が
掲載された原因


未成熟な研究者を研究室リーダーに採用した経緯などを
内部で検証するという。


透明性を保つため、調査委に外部の有識者も含める方針だ。

 
竹市センター長は

「なぜ、このような問題が起きたのか、二度と
 同じ間違いを繰り返さないよう、組織として
 反省し、自ら明らかにする必要がある」と

話している。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
l

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。