So-net無料ブログ作成

浅田真央 世界選手権 動画 2014 [スポーツ]



浅田真央 世界選手権 動画 2014


フィギュアスケートの世界選手権はさいたま市で
29日夜、女子シングル後半のフリーが行われ、
浅田真央選手が日本選手で最多となる3回目の
優勝を果たした。


浅田選手は27日のショートプログラムで世界最高
得点を出して、トップで後半のフリーに臨みました。


浅田選手は冒頭の3回転半ジャンプトリプルアクセル
をきれいに着氷しましたが、回転不足と判定され、
その後も中盤の連続ジャンプなどでミスが出ました。


しかし、3種類のスピンのほか、ステップもすべて
最高難度と認められたうえ、表現力も高く評価されて
フリーもトップの得点を出し、ショートプログラムとの
合計で216.69の自己ベストをマークして、
4シーズンぶり3回目の優勝を果たしました。



浅田真央のフィギュアスケート世界選手権
女子FS 2014年動画

https://www.youtube.com/watch?v=PBv9s29_VNg#t=13



世界選手権で3回優勝したのは
男女を通じて日本選手で最多です。


2位はロシアのユリア・リプニツカヤ選手、
3位はソチオリンピックの銅メダリスト、
イタリアのカロリーナ・コストナー選手でした。


この大会を最後に現役を引退する
鈴木明子選手はジャンプでミスが出て、
前半の4位から順位を下げて6位でしたが、
持ち味の表現力あふれる滑りを見せ、
最後はリンクの氷に手を触れたあと、
深々と頭を下げてリンクをあとにしました。

村上佳菜子選手は前半から
変わらず10位でした。
.

フィギュアスケートの世界選手権で4年ぶりに
優勝した浅田真央選手は29日夜の
世界選手権の演技について

「ショートプログラムよりベストではなかった
ですが、気持ちよく滑ることができました。
ショートプログラムもフリーも精いっぱい
演技することができたので最高です」と

話しました。


浅田真央.jpg


また、今シーズンについては
「やっと終わったなと思います。精神的に
すごく充実したシーズンでした」と

ほっとした様子で振り返っていました。


そのうえで現役を続けるか引退するか、
注目されている進退については
ソチオリンピックのあと「ハーフハーフ」と
口にしたことを踏まえて聞かれたのに対して
「終わったばかりなのでハーフハーフです」と
述べて、まだ決断していないことを
明らかにしました。


さらに記者から決断にあたって
重視することを聞かれると

「体はまだまだいけると思いますが、
自分の気持ちです」と述べました。


真央ちゃんには、まだ続けてほしいですが、
ここまできたら、本人の気持がどうなのかが、
進退を決める大きな理由になりそうですね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
l

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。