So-net無料ブログ作成

真央 フリー 順位 惨敗 [スポーツ]

ソチ五輪、女子フィギュアスケートは、誰が見ても惨敗である。

このようにはっきり「惨敗」と書くと、

「それは選手にとってむごい」と必ず反発がくる。


「惨敗なんかしていない。よくやった」と言う。



真央ラストダンス.jpg



しかし、フリーで自己最高得点を出したことを考えれば、
浅田真央選手はフィギュアを失敗しなければ、間違いなく
メダリストになっていただろう。


つまり、ショートプログラムで、挽回不可能な失敗を
してしまったわけです。


本人の力から言って、順位的に「惨敗」だと言えます。


しかし、日本人はこういう言葉を嫌うから、
そう書いてしまうと反発する。


スポーツ紙を見ても、記者が応援し国民が応援した選手だと
どんなにひどい負け方をしても「惜敗」として
「よくやりました」式の美談記事に仕立てあげてしまう。


しかし、鈴木選手、村上選手、リプニツカヤ選手まで、
あれほど失敗するということは、本人の力が及ばない
なにかの原因があったと考えるのが普通でしょう。


さらに言えば、これは女子だけでなく、男子もそうです。


幸い、羽生弓弦選手が金を獲ったが、ライバルの
パトリック・チャン選手とも、フリーの演技はオリンピックの
ファイナルにふさわしくない失敗演技だった。


つまり、こうした一連の出来事の原因を解明して、

「なぜ彼らはベストで望めなかったか?」を

考えなければ、選手の今後のためにならない。


また、メディアとしての役割を
果たしたことにならないだろう。


「真央ちゃん、よかった! 私たちも泣いた」と言う
センチメンタリズムですべてをすましてしまっては、
かえって真央ちゃんがかわいそうだ。


じつは、日本中が泣いたように、著者も泣いたそうです。


あそこまで挽回した彼女のがんばりに、本当に泣けた。


オリンピックのラストダンスとして、
あれほど感動的だったことはない。


だからこそ、今回、団体戦というおバカな試合を
初めてやって、それが商業主義に基づく発想から
生まれ、しかも選手の体調管理に影響を与えた
のではないか?という疑問を呈さなければならないのだ。


いったいなにが彼女をあそこまで
追い込んだのか?


それを解明すべきだろう。


この事態はある程度予測できたことだそうです。


オリンピックに「魔物」など住んでいない。


住んでいるとしたら、それは人間がつくり出した魔物だ。


森元首相のコメントも批判されているが、

「個人戦の前に行われる団体戦」に浅田真央選手が出場を
余儀なくされたことが、今回のことの原因のひとつです。


選手は「個人戦」でのメダル獲得に
選手人生のすべてをかけている。


だから、そこに体調のピークを
持っていくように調整してきている。


ところが、安易なナショナリズムで「メダルを」と
スケート連盟もメディアも望むから、
よせばいいのに出してしまう。


浅田選手がこれを拒むことは無理だ。


個人戦の前に、韓国のキムヨナ選手は

「私はアメリカや日本に生まれなくてよかった。
団体戦に出なければなりませんから」と
言ったと伝えられている。


また、ショートプログラムが終わった後、解説者者の
八木沼純子さんも

「団体戦の後、ずっと同じ体調をキープするのは
難しいので、1度リセットしてからつくり直すのが
いちばんですが、選手によってはそれは難しい」と

言っていた。


勝ち目がないから団体戦に出るべきではなかったと
までは、言えないですが、選手がいなければ競技は
成り立たないのに、その選手を大事にしない組織や
周囲があることを伝えたかったそうです。


この一連の失敗を受けて次のピョンチャン(平昌)五輪では
団体戦は個人戦の後にしてほしいと願います。


このように締めくくっています。


本当に最もな意見だと思います。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

真央 元コーチ 引退 金メダル [スポーツ]


「しばらく休んで自分の人生を見つめ直すのは
いいことだと思います。しかし、私にはマオが
本当に引退するとは思えませんね」

 
そう熱く語るのは、ラファエル・アルトゥニアン氏です。


かつて浅田真央選手のコーチを務めた「恩師」です。

 
2月25日、浅田は東京都千代田区の日本外国特派員
協会で会見し、来季以降の現役続投の可能性について

「今のところハーフハーフくらい」と

揺れる心境を吐露しています。



真央元コーチ.png



彼女の去就が注目されているのは日本ばかりではない。


前出のアルトゥニアン氏は、引退には大反対だという。


「マオは年齢的にもまだまだ若いし、才能についても
十分に発揮されたとは言い難い。ソチでも、周囲の
スタッフが彼女のコンディションをもっとケアできていたら
と残念でなりません。もし彼女が望むなら喜んで再び
コーチを引き受けますよ。私ならもっともっとマオを
輝かせることができるし、その自信もあります。
4年後の平昌五輪では、もちろん金メダルを
取らせるつもりです」

 
ニュースキャスターの辛坊治郎も引退反対派です。


「ソチ五輪ではイタリアのコストナー選手が27歳で
銅メダルを獲得しましたが、私は4年後、27歳に
なった真央ちゃんの大人の演技がみたいです。
芸術的なフィギュアの最高到達点を
目指してほしいと思います」

 
女優やキャスターなど、引退した場合の進路も
取り沙汰されているが、漫画家・やくみつるさんは、
さらに大胆な提案をしています。


「彼女にはチャラチャラした職業は向きませんよ。
日本の顔として、日本のよさを伝えるような仕事を
してほしいです。あの顔立ちから、いちばん適して
いるのは舞妓さんでしょう!あとは、あれだけ
しっかりマスコミに対応できるわけですから、
バスガイドさんとか。私も含めて、日本国民の多くが、
彼女を身内みたいに思っていますから、
芸能界とかに入って毒されてほしくはないですね」


真央ちゃんには、気力が戻れば、ぜひ続けて
もらいたいですが、「もう十分だよ」って気持ちも
かなりありますね。


とにかく、真央ちゃんの思うようにしてほしいですね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

真央 ブログ メッセージ 世界選手権 [スポーツ]

3月3日、ソチ五輪の女子フィギュアの
フリーの演技で日本中を感動させた
浅田真央が帰国後初めて公式サイト内の
ブログでファンへのメッセージを発信しました。



浅田真央感謝.png



まずは、

「日本に帰ってきました。2度目のオリンピック
 色んな気持ちがあります」と

万感の思いを巡らせた。

 
そして

「ショートのミスとメダルを日本に持って帰って
来れなかった事については、悔しい気持ちと
申し訳ない気持ちでいっぱいです」と、

金メダルもという期待に応えられ
なかったことを謝罪しました。

 
しかし、それだけの五輪ではなかった。


「フリーでは、やり切った気持ちです。
バンクーバーからの4年間、全てを
フリーで出すことが出来ました」と、


演技終了とともに涙を浮かべた
瞬間の思いを説明した。

 
浅田の思いは多くのファンに向けられます。


「ソチオリンピックで応援して下さった皆さん、
本当にありがとうございました!私一人では
ここまで来れませんでした。たくさんの方に
支えられ、ここまで来れました」と、

改めてそんな人たちへの感謝の思いを記しました。

 
そして

「世界選手権でも感謝の思いを込めて滑りたいと
思います。応援宜しくお願いします!」と

新たに踏み出す一歩を見据えた。


日本人のアイドル真央ちゃんの笑顔を
見ていると、こちらまで元気になってきますね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

羽生結弦 彼女 李子君 夫婦 [スポーツ]



ソチ五輪は、終わりましたが、中国フィギュア女子代表
李子君の人気は急上昇し、日本でも注目が高まっています。


しかも「天才美少年」こと19歳のフィギュア男子選手
羽生結弦とのツーショット写真が公開されました。


3月1日、騰訊体育が伝えたそうです。


このツーショット写真はツイッターなど日本人に
人気のSNSで出回り、多くの人が「お似合いの美男美女」と
賞賛しているそうです。


李子君は深い赤のイブニングドレス姿で、
ピースサインをしている。


隣の羽生はスーツ姿で微笑んでいます。




羽生李子君Ⅰ.png





もう一枚の写真も仲良く写っており、
どこか夫婦のような雰囲気を醸し出しています?


羽生君は、いつも満面の笑顔で写真映りが
良いのでいつも勘違いされますよね。


李子君はソチ五輪のフィギュア女子で14位だったが、
日本でのファンはむしろ増えているようですが。


日本のサイトには李子君に対する

「美しさと気立ての良さを兼ね備え、とてもかわいい」
「天真爛漫で純真」などの

コメントがあふれている。


そして「仙台の希望」「天才美少年」と呼ばれる羽生は、
何万もの女性からあがめられている。


素晴らしい演技に加え美形とあって、ネット上には
羽生のアニメ画像が大量に出回っているそうです。


羽生人気は中国でも高く、「男神」「萌え弟」と
呼ばれているらしい。


しかしツーショット写真が公開された後、日本の女性
ファンの多くが、羽生に恋人ができることを心配している。


中国の報道なので、かなり中国ひいきですが、
これで、少しでも反日感情が収まればと思います。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

レジェンド 葛西 微笑 [スポーツ]



ソチオリンピックの葛西選手のジャンプは、素晴らしかったです。


スタートする直前、微笑む葛西選手が写っていました。


一流選手でも飛ぶ前になると恐怖で
震えるというジャンプで微笑む葛西選手の顔。


レジェンドと呼ばれるだけあって、今でも覚えています。



試合後、インタビューで、飛ぶ前に微笑んで
いたことを聞かれた葛西選手は、


「緊張して身体が硬くなっていたので、微笑んで 脱力させた」


と言っていました。


個人、団体戦でもスタート前は、必ず微笑んでいましたね。



葛西選手.jpg




高梨沙羅選手にも教えてあげれたら、良かったですね。


その証拠に、沙羅ちゃんは、緊張の少なかった五輪後の
Wカップでは、2連勝という結果でした。



もしかして微笑むことで、脳を騙すのかもしれません。


そういえば、私も緊張でガチガチになっている時や
心が落ち込んでいる時など、笑顔を作るように
心がけています。


不思議と落ち着けて、冷静になれて、
気持ちをリフレッシュ出来ますよ。


皆さんも行き詰ったり、精神的に暗くなったりした時
無意識でも笑顔を作ると、なぜか落ち着けますよ。


ぜひ、そんな時があったら、試してみて下さいね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ソチパラリンピック日本注目選手 [スポーツ]

2014年3月7日に開幕するソチパラリンピックの
結団式・壮行会が2月5日ホテルニューオータニ
にて開かれたそうです。


今回のソチパラリンピックにはアルペンスキーに12名
クロスカントリースキー/バイアスロンに8名、計20名
の注目選手が日本代表として出場するそうです。


会場には安倍晋三首相も激励に訪れ、
パラリンピック4大会で15個の金メダルを
獲得した水泳の成田真由美選手が語った

「自分は失ったものは数えない。
 得たものだけ数えています」という

言葉に感動したというエピソードを伝えたそうです。



<高まるメディア熱>

約1000人の応援メッセージが
書かれた大会バナーが出来ました。


2020年の東京オリンピック・パラリンピック
開催の決定で、にわかにソチパラリンピックも
注目を浴びるようになりました。


ロンドンまでは競技の情報が入ってこない
あるいは結果のみのリザルト記事しか
配信されないと嘆くファンや関係者の声も多く
広めたくても伝える手段の少なさが問題と
なっていました。


そんな中「スカパーJSAT」は日本で初めて
24時間パラリンピック専門チャンネルを
開局することを決めています。


こういった「観る・知ることが出来るメディア」を
いかに有効に活用し、見る側の意識を育てて
いくかが2020東京への緊急課題となります。


<自分事として観ることが出来るか>


「日本だけでなく世界中に、失敗を恐れず、
挑戦することのすばらしさを伝えたい」と語った
日本パラリンピック委員会委員長の鳥原光憲氏は

「私もソチで一生懸命応援しようと思っています」と


挨拶を閉めましたが、まさに関係者や取材者が
本気で応援するような熱が必要なのだと感じます。


前回ロンドンパラリンピックで感じたのは、取材者や
関係者が淡々としている印象でした。


ある記者は

「自分は若手だからオリンピックに
 行かせてもらえないんで」と

残念そうに競技場に通っていました。


パラリンピック発祥の地としての自負もある
ロンドンはとてもジェントルに、かつ自然に
市民が楽しんで応援をしている雰囲気に
満ちていました。


自らの子息が障害を持つという厚生労働大臣
政務官の高鳥修一氏もスポーツによって夢や
希望が開けていく可能性を訴えましたが、
障害を身近に感じている人だけでなく、
どれだけ多くの人が自分事として捉えることが
出来るかが重要だと感じているそうです。



ソチパラリンピック.jpg




<パラリンピアンの心意気>


スリートとして意気込みを語った久保恒造選手と
村岡桃佳選手アスリートとして意気込みを語った
ロンドンパラリンピックを取材させて戴き、
最も感じたのは日本での「温度差」でした。


パラリンピックは障害者スポーツではありますが、
アスリートはみなそういうつもりで競技をしている
わけではありません。


そこにはスポーツとしての
過激さや厳しさがありました。


その現実を見る側、応援する側が理解することで、
パラリンピックはもっとエキサイティングなスポーツの
祭典になっていくのではないでしょうか。


会見に応じた久保恒造選手は

「ソチでは結果にこだわりたい」と、

村岡桃佳選手は

「様々なプレッシャーを力に変えていきたい」と

力強く語っていました。


その心意気が日本に伝わるよう、まずは
取材者がパラリンピアンの一人と自覚する
くらい気を引き締めて臨むことが
必要だと感じます。 




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

真央 ソチ SP 応援 中国人 タラソワ [スポーツ]



中国人が浅田真央は、いい子だからと言っています。


真央ちゃんにとって、金メダルを目指して、
休む間もなく走り続けたこの4年間だった。


しかし、ソチ五輪フィギュアスケート女子シングルの
浅田真央(23才)は、集大成の幕開けとなった
ショートプログラム(SP)ですべてのジャンプに失敗した。



それでも不屈の精神でフリーに臨みました。

 

最初のトリプルアクセルに成功すると、
残るジャンプもすべて着氷し、計8回の3回転、
エイトトリプルを見事に決めたのだ。


そしてメダルには届かなかったものの6位入賞した。


全世界の人々の心を震わせた。

 
ロシアのテレビ局では、浅田のフリーの振付をした
恩師のタチアナ・タラソワ氏(67才)が解説をした。



「私のかわいい真央。がんばるのよ。がんばるのよ」

 
浅田がリンクへ飛び出す時、タラソワ氏は
そんな言葉で彼女を送り出した。


ラフマニノフの重厚な音楽が鳴り響き、
冒頭で浅田が最初のトリプルアクセルを決めると、
「ヤッ!」と大きな声を上げた。


そして浅田がジャンプを決めるたびに

「なんていい子なの」「うまくいっている」と

何度もつぶやいたそうだ。


すべての演技を終え天を仰ぎ涙する浅田を見て、
タラソワ氏も大粒の涙をこぼした。


「ブラボー。ありがとう。本当にありがとう。よくここまで
仕上げたわね。彼女は素晴らしいスケーターよ。彼女は
自分に打ち勝ったの。おお、神よ。真央が泣いてる。
私にもちょっとつらいわ」

 
この解説は今ツイッターを通じて
世界中で話題になっている。


あの4分間、浅田への思いは国籍関係なく、
みんなタラソワ氏と同じだったと思う。

 
浅田のSP後、ツイッター上には「#MaoFight」という
ハッシュタグが登場したのだ。


このハッシュタグのおかげで、著名スケーターから
芸能人まで、浅田を応援する声が世界中で大きくなり、
ニュースでも取り上げられるほどとなった。

 
実はこのハッシュタグを作ったのは日本人ではなく、
ロシア出身でウズベキスタンの男子フィギュアスケーターの
ミーシャ・ジー(22才)だった。


競技会では減点対象とされている歌入り曲を使用し
続けていることで注目されている選手だ。


今回のソチ五輪では彼の信念が
通じたのか減点はなく、大喝采を浴びた。



「真央のスコアはとても残念だけど諦めないで。
 フリーをよりよくするためにもっと応援しよう」

 
浅田を尊敬していたミーシャのそんな思いが、
あっという間に世界中に広がったのだ。


そして浅田がフリーを終えると、
上に述べた通り、感動コメントが殺到したのだ。

 
著名人だけではない、浅田の長きライバルだった
キム・ヨナ(23才)の母国・韓国でも、浅田の演技中
ジャンプが決まるたびに声があがっていたそうだ。


さらに反日感情が広がっている
中国でも感動の涙があふれた。


中国版ツイッターでは「#浅田真央」に17万件
近いコメントがついたと報じられている。


そして、以下のような感動コメントが寄せられたという。


「彼女はいい子だから、期待や圧力をすべて
受け止めてしまう。かわいそうだ。でもよくやったと思う」


「キム・ヨナの今日のフリーはまとまっていて彼女に
合っていたけど純粋な夢追い人ではない。これこそ
私たちが真央を愛し尊敬している理由」


「他の選手は審判を征服し、Maoは観客を征服した」


全世界の人から愛される真央ちゃんって
本当に素晴らしいですね。


日本の誇りだと思いますね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

真央 ソチ 失態 記憶 [スポーツ]

 

自己ベストをマークした演技に、

「これが自分がやろうと思っていたこと」と、

演技終了直後に頬を濡らした浅田真央選手です。


敗れてなお、多くのファンの記憶に残る伝説を作りました。


実は、その陰で、ソチへの最終調整の場に関して、
浅田側とスケート連盟は揉めて、連盟の用意した
リンクは最悪な状態という失態をしていたのだ。



「真央には、精神的にもっとも落ち着ける場所で
最終調整をさせてあげたい」と、

佐藤信夫コーチは、スケート連盟幹部に(練習拠点の)
中京大リンクで調整したい思いを伝えたという。


だが連盟は、ソチへ移動が数時間でできる
隣国アルメニアのリンクを確保していた。

 
そこで、浅田側と連盟の“対立”の間に、第三案として
浮上したのが、浅田の振付を担当するタラソワコーチの
口添えで、ロシア代表のソトニコワ、リプニツカヤらと
一緒にモスクワの

「ロシア・ナショナル・トレーニングセンター」で

最終調整をおこなうという案だった。

 
しかし、この案にも連盟は首を縦に振らなかった。 


結局、浅田は連盟に押し切られる形で、
渋々アルメニアに向かった。


「この決断が最悪だった。アルメニアのリンクの
氷には砂が混ざっているうえにガタガタ。急遽、
刃を研ぎ直す必要に迫られた。しかも空調設備が
悪く、非常に寒かった。浅田は最終調整どころか、
調子を狂わせてソチ入りした」(スポーツ紙記者)

 

連盟による“妨害”はこれだけではない。


現地の報道関係者を取材すればするほど、
それは次から次へと噴出するのだ。


「連盟幹部たちは、我々に対しても高圧的。
取材させてやっているんだという態度で、
少しでも気に食わないことがあれば、
『何を書いているんだ』と取材パスを
取り上げられた記者も過去にいたほど」(民放関係者)

 
それは選手に対しても同様で、今回の男子代表
選手にも勇気づける立場にあるはずなのに、
心ない言葉を浴びせ、逆に追い込むようなことを
していたという。


「女子選手に直接言わないにしても、そのコーチや
関係者などに失礼なことを言うのは日常的。選手を
サポートする立場なのに、彼らはそれをせずに
何をやっているかといえば、選手村で頻繁に酒盛り。
チーム・ジャパンとして機能しているはずがない」
(スポーツライター)

 
今回、連盟幹部は十数名ソチ入りしているが、
はっきりいって遊びに来ているのと同じ、と
スポーツライターは続ける。


「彼らの遠征費は、浅田らの広告料から多くが
出ているが、そのお金で我が世の春を謳歌しているに
ほかならない。見かねた男子選手やその周辺からは
『連盟の誰も信用できない』と、我々に相談を
もちかけてきたこともあった」

 
五輪前、男女で複数のメダルを目標に掲げながら、
選手をサポートできない連盟は大いに反省してほしい。


誰も異論は、唱えないですが、真央ちゃんの
SPでの失敗がこの為だったら、許せないですね!!



タグ:記憶 失態 ソチ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

羽生結弦 震災 コメント ゆづの恩返し [スポーツ]


ソチ五輪日本選手団の選手が、帰国しましたね。


帰国後も、 分刻みのスケジュールで、ゆっくりする
暇もないようですが、疲れをまったく見せずに笑顔で
スケジュールをこなされているのは、感心します。


さて、都内ホテルで行われた帰国会見で
フィギュアスケート男子金メダルの羽生結弦選手は、
報奨金(JOC300万円+スケート連盟300万円)の
使い道を質問されると、

「震災への寄付・スケートリンクへの
 寄付などに使おうと、今は考えています」という


コメントを即答しました。


19歳ぐらいで、そのよどみない真っ直ぐな発言は、
素晴らしいとしか言いようがありませんね。


志の高さを感じます。


美しい演技で、日本中にパワーと元気を
送ってくれた羽生結弦選手です。


その姿は、震災で被害にあわれた多くの方々を
大いに励ましたでしょう。


その羽生選手の頑張りと、羽生選手のフィギアスケート
地元への愛・感謝を、

ゆづの恩返し」というそうです。


素晴らしい言葉ですね!!


そして、「ゆづの恩返し」はこれだけにとどまりません。


会見前に訪れた文部科学省では、下村博文文科相らと歓談中、
「僕は被災地の仙台から出た人間なんですけど」と切り出すと、
こう陳情しました。


「東北には6県で通年のリンクが1つしかない。24時間ほとんど
埋まっている状態で、なかなか練習時間が取れない。そういう
環境で世界選手権3位まで頑張ったが、(継続は)厳しいと
いうことでカナダに出る決断をした。これをきっかけにでは
ないが、東北のスケーターの方々にご支援を」とコメントした。


後進の育成や裾野を広げることは、愛する
フィギュアスケートへの恩返しでもある。


それにはまず、ハード面の充実が前提した。


被災地やフィギュア界のためには、金メダリストの
肩書を存分に利用していくつもりと言っていたが、
早速、有言実行したのです、大したもんです!!


真央ちゃんも羽生選手も、3月26日から始まる
世界選手権に向けて、気持ちを切り替えて
早く練習したいと言われています。


その前向きで、ひたむきな努力、心から応援して
いきましょう。


私も見習っていこうと思っております。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

真央 ソチ 帰国 大人 素直 [スポーツ]


ソチ五輪に参加した日本選手団が25日9時半ごろ、
チャーター機で帰国しました。


浅田真央は、日本外国特派員記者クラブで
会見を行ないました。

 
東京五輪組織委員会会長を務める森喜朗元首相が
浅田のショートプログラム後に

「あの子、大事な時に必ず転ぶんですよね」との
発言が内外に波紋を呼んだことについて

「もう終わったことなので、何とも思っていない。
聞いた時はあ、そうなんだ~と思いました」と

笑顔で大人の対応をしていました。

 
さらに、外国人記者は引き下がらず突っ込むと


「人間なので失敗する。失敗したくて失敗はしない。
(森発言は)違うのかな~森さんは
そう思っていたのかなと思う」と

素直な気持ちを吐露した。



最後に「日本人は東京五輪組織委員会会長としての
森さんを任期の5年間、耐えられるのだろうか?」と
辛らつな質問にも

「森さんも少しは後悔しているのでは
ないかと思っています」と

はっきりと自身の考えを主張すると、
集まった記者から拍手を浴びました。


さすが、質疑応答にちゃんとメリハリがありますね。


真央ちゃんに対応の仕方を見習わないといけない
政治家さんが、いらっしゃるかもしれませんね??



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
l

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。